七五三????
七五三イラスト

 七五三おめでとうございます。
 七五三は「初宮詣」の次に迎える人生儀礼です。女の子は3歳、7歳。男の子は5歳の時のお祝いです。これまで無事に成長できたことを神様にお礼を申し上げ、今後もすくすくと大きくなっていけるようご祈願いたします。

 当社の七五三ではお子様お一人お一人に神様にご挨拶をして頂きます。元気に成長したことへの感謝の気持ちと、よい子になるよう神様に幾つかのお約束とお願いをします。
 神様にお祈りをするお子さんの晴れ姿を、保護者のかたがたはどうか後ろから静かに見守っていてあげてください。 

ご祈祷受付期間 9~11月
*転勤などのご事情で、どうしても都合が付かない場合は、神社にご相談ください。
受付時間 午前10時~午後3時30分(所要時間およそ30分)
*上記の期間であっても、神社のお祭りや神職の出張祭典による不在のため、ご祈祷をお受けできないこともございます。お日にちが決まり次第、電話、メールまたは来社にてご予約頂くか、いらっしゃる前に電話にて状況をご確認ください。
連絡先 電話番号 03-3956-6168
メール  kobayasu@estate.ocn.ne.jp
 
髪飾り
花
ご予約について
ご祈祷はご予約で承っております。

ご予約の際は、以下お知らせください。 
☆ご希望の日時(できれば複数の候補をおあげください)
☆お祝いのお子様のお名前とお祝い子さんの人数
☆当日ご連絡がつくお電話番号

着付け・境内での写真撮影ご希望の方はこちらをご覧下さい。
お着付け・お写真・ご会食など当日のご予定を確定してからのご予約をおすすめします。日にちによっては、ご予約変更のご希望に添えない場合もあります。

10・11月の土・日・祝日など混み合います場合は、合同でお祝い子さんをご祈祷しておりますことをご承知おきください。

   
花
ご来社(待合室への到着時間)について
七五三詣の季節はたくさんのお子様がいらっしゃいますので、受付申込書のご記入は時間に余裕をもってお願いいたします。ご祈祷時刻の15分前には待合室となります「神楽殿(かぐらでん)」(舞台横の玄関からお入りください)にご一同様にてお集まりください。受付の後、お祝い子さまはじめ、お付き添いの皆様に手水の儀をお受けいただきます。
 ご予約のお時間(ご祈祷の15分前)までにご到着されない場合は、事前の連絡なく順番が前後いたしますことを申し添えます。遅刻・キャンセルされる場合は必ず神社にご連絡ください。
 
花
ご祈祷料(玉串料(たまぐしりょう)・初穂料(はつほりょう))について

ご祈祷料は、一般的な「料金」としてではなく、神社の神様に対する「お供えもの(おそなえもの)」としてお考えください。金額に定めはございませんが、お祝い子様お一人につき、目安として5,000円~10,000円とお考えください。
 神前へそのままお供えいたしますので、ご祝儀袋の表書きに「玉串料」または「初穂料」と書いて、受付用紙と一緒に受付時にお渡しください。(料金ではありませんので、おつりのご用意はいたしかねます。)

お子様のこれまでの成長を神様に感謝し、これからもつつがなく過ごせるよう、ていねいにお参りしましょう。

   
花
よくいただくご質問から・・・
Q:
数え年と実年齢、どちらで七五三詣をしたら良いですか?
A:
最近の傾向として、実年齢で来られる方が多いようですが、どちらが良いというきまりはありません。
Q:
ご祈祷の時間はどのくらいかかりますか?
A:
受付・手水の儀を含めておよそ30分を目安としてお考えください。
Q:
神社で千歳あめはもらえますか?
A:
ご祈祷を受けたお祝い子様には、撤下品(てっかひん)(神様にお供えしたもの・おさがり)の一つとして紅白の千歳あめをお入れしております。
Q:
兄弟複数が七五三のご祈祷を受けるのですが、玉串料(初穂料)の金額はどうしたら良いですか?
A:
お祝い子様お一人ずつ、お守りと撤下品をお授けしております。お一人ずつ玉串料・初穂料をお包みください。詳しくは前掲「ご祈祷料(玉串料(たまぐしりょう)・初穂料(はつほりょう))について」をご覧ください。
Q:
駐車することはできますか?
A:
境内に駐車することができますが、限りがありますので、混み合う時期にはすべてのお車を境内にお停め頂けない場合もあります。お車の場合、ご一家で同乗されるなど、ご協力ください。また、境内には七五三のために小さいお子様がたくさんいらっしゃるので、運転には十分気を付けてください。
Q:
授乳室・おむつ替え・ご祈祷後に着替えのできるスペースはありますか?
A:
特別な施設はございませんので、事前にお済ませいただいたほうがご安心です。
また、お子様のお着替えについては、控室をびょうぶ屏風で小さく仕切るなどの簡便な方法でしたら可能です。受付時にご相談ください。
Q:
神殿でご祈祷中にビデオ・写真撮影をすることはできますか?
A:
原則としてご祈祷中はご遠慮戴いております。
Q:
待合室で記念撮影をすることはできますか?
A:
金屏風の前にもうせん、椅子等を用意しておりますので、ご利用ください。
 
金屏風
 
copyright(c) TENSO-JINJA All rights reserved.