◆◆

 

◆8月6日(土) アメリカイリノイ州の高校生約30名が来社!


民間大使となって国際文化交流をはかるプログラムに所属するイリノイ州の高校生約30名。この夏日本全国を巡ってきた学生さんがたは、炎天下の6日明治神宮、表参道、六本木ヒルズをめぐってこの日のプログラム最後の行程で来社。猛暑でくたくたのご様子に、おもてなしをするスタッフも当初はこわごわでした。
今回のプログラムは國學院大學の祭祀研究会の学生さんがたによるサプライズ企画で、模擬神前結婚式を行いました。結婚式直前に新郎新婦が突如消えて困ったというストーリーにのっとって、新郎新婦をつとめてくれる人を探しているというと、たくさんの挙手が! 二人の方のご協力を得て無事結婚式を行いました。

結婚式の後はお祝いということで、お餅ちつき。「ヨイショ」の掛け声もだんだんあって来ました。

國學院大學の中西先生の「日本の神社」についてのレクチャーの後神前神楽舞を見学。その後はお囃子を体験しました。
最後は高校生の皆さんによる合唱のお返しがありました。今年の文化交流のプログラムもこれでひとまず終了しました。


 

◆6月30日(木) 夏越の祓

 午後七時から例年通り大祓を執り行いました。梅雨の合間、朝から雨が降っていましたが祭典前にはやみ、行事は滞りなく終えました。今年も色々な世代のたくさんの皆さんが行事に参列されていました。大祓の行事をすませて、短冊に願い事を結ぶのも恒例の行事になりました。


 

6月20日(月) アリゾナ州の子ども達が来社

日本の文化を学ぶためのツアー(アンバサダープログラム)に参加した
アリゾナ州の中高生たち約40名が当社を訪問しました。

 子どもたちは、日本神話「天の岩戸」の段の本を見ながら、日本の神々の話を聞いてもらいました。その後は当社に伝わる神田流神明囃子を披露。
みんなでリズムを練習し、実際に祭り囃子を体験しました。
 和紙と木蓮の葉で作るお皿作り―「和紙アート」にも挑戦!
自分の作品をそれぞれおみやげに持ち帰りました。
 町内のお母さん達と一緒に「おいなりさん」を作り試食しました。
 お別れは、ピアノ伴奏により日米それぞれの歌をお互いに披露しあいました。
 午後6時までの3時間の交流が和やかに終わりました。
 
 
今月の天祖神社 トピック 天祖神社の一年 ご祈祷のご案内 神田流神明囃子 天祖神社のこと 境内マップ アクセス 頒布品  HOME お問合せ

copyright(c)2010 TENSO-JINJA All rights reserved.